アルピナB3-Sのエンジンオイル・エレメント・LLCの交換です。
しっかり整備されていてオーナー様の愛着とこだわりを感じられるお車です。


エンジンオイルは「Gulf GT30」・LLCはBMW純正アンチフリーズを使用。
オイル交換の前にフラッシングを施工するので、LLC交換→エア抜き→フラッシング→オイル&エレメントの順番で作業しました。


ブローバイホースの亀裂から2次エアーを吸い込みエンジン警告灯が点灯。
交換時の破損を考慮して、インマニ下部のオイルセパレーターに接続されているホース全てとセパレーター本体を同時交換する事となりました。
なぜ劣化しやすい素材の部品を、容易に交換できない場所に取り付けるのかは不明です。
とにかくセパレーターにアクセスする為に部品を外しまくりました。


部品をセットで取り寄せして正解でした。
古いセパレーターは取り外し時に割れてしまいました。
レベルゲージに刺さっていたホースも取り外し時に、見事に千切れてしまいました。
その他ホースも取り外し時に付け根がほとんど割れてしまいました。
イグニッションコイルやプラグの不良を疑う前に、必ず2次エアー混入の診断をしましょう。


W212のサイドブレーキペダルの解除が上手くいかなくなってしまい、交換する事となりました。
ステアリングコラム下のカバーを外して可動部分に注油をしてみましたが、きれいに戻らなかった為です。
左ハンドルなら交換が容易だと思われますが、右ハンドルの場合はカーペットをかなり捲らないとアクセスできません。


何とか外しました。
新品部品の可動部分に注油して取り付け。
リリースレバーにワイヤーを取り付けて作動チェック。
サクサク解除できるようになったので交換成功です。


車検前の点検でウインドウウォッシャーが出なかったので、モーターの音を確認してみると無音でした。
モーター交換ですがBMWはフロントフェンダーの中にタンクがある車が多く、X6もフェンダーの中でした。
フェンダーモール・インナーハウスを外すためにモールを固定しているリベットを外していきます。
外したリベットを見てみるとどう見ても再使用不可能でしたのでディーラーまで行きリベットを購入。


フェンダー内部にウォッシャータンクを発見したのでモーターを外そうとしましたが、モーターの位置まで手が入りません。モーターの差込口に長いマイナスドライバーを差し込んでタンクからモーターを外しましたが、配線に余裕が無く手元まで出てきません。傷だらけになりながら両手を無理やり入れ何とかコネクターとホースを外しました。外したモーターは内部からサビが出ておりました。


リモコンキーは普通にフタがパカッと開いて電池交換するタイプがいいです。


お問い合わせはお気軽にどうぞ/車の購入や買取り、メンテナンスについて、お気軽にお問い合わせください。:お電話の方:052-835-7007/インターネットからはこちら

▲ページの上部へ