W212のサイドブレーキペダルの解除が上手くいかなくなってしまい、交換する事となりました。
ステアリングコラム下のカバーを外して可動部分に注油をしてみましたが、きれいに戻らなかった為です。
左ハンドルなら交換が容易だと思われますが、右ハンドルの場合はカーペットをかなり捲らないとアクセスできません。


何とか外しました。
新品部品の可動部分に注油して取り付け。
リリースレバーにワイヤーを取り付けて作動チェック。
サクサク解除できるようになったので交換成功です。


車検前の点検でウインドウウォッシャーが出なかったので、モーターの音を確認してみると無音でした。
モーター交換ですがBMWはフロントフェンダーの中にタンクがある車が多く、X6もフェンダーの中でした。
フェンダーモール・インナーハウスを外すためにモールを固定しているリベットを外していきます。
外したリベットを見てみるとどう見ても再使用不可能でしたのでディーラーまで行きリベットを購入。


フェンダー内部にウォッシャータンクを発見したのでモーターを外そうとしましたが、モーターの位置まで手が入りません。モーターの差込口に長いマイナスドライバーを差し込んでタンクからモーターを外しましたが、配線に余裕が無く手元まで出てきません。傷だらけになりながら両手を無理やり入れ何とかコネクターとホースを外しました。外したモーターは内部からサビが出ておりました。


リモコンキーは普通にフタがパカッと開いて電池交換するタイプがいいです。


ミニクーパー定番のパワステホースからのオイル漏れがありましたので交換しました。
元々ついていたネジ式のバンドが緩んでおりましたので、今回はカシメるタイプで締め付けました。
手がオイルまみれになりましたので、途中の画像はありません。


お問い合わせはお気軽にどうぞ/車の購入や買取り、メンテナンスについて、お気軽にお問い合わせください。:お電話の方:052-835-7007/インターネットからはこちら

▲ページの上部へ