弊社で活躍中の積載車のエアコンの風量調節が「1~3が最弱」「4が最強」と加減知らずになったためブロアファンのレジスターを交換する事になりました。
タバコ1箱ぐらいの大きさの部品を交換するだけなのに、ここまで分解しなければならないとは予想外でした。
せっかくなのでフィルターは洗浄しました。


左側が旧部品。ハンダ付け部分が熱で溶けておりました。
右側が純正新品部品。箱にはメイドイン「チャイナ」・部品にはメイドイン「コレア」の刻印。
よくわからない部品でしたが交換後は正常にファンが作動しました。


この度はオイル交換のご依頼をいただきましてありがとうございます。
997ターボはドライサンプのためオイル排出箇所が2箇所あります。
水冷でオイルの使用量が少なくなったとは言えたくさんオイルが抜けました。


新品のドレンボルトとドレンワッシャーを取り付け、フィルターハウジングに溜まったオイルもきれいに吸い取り、新品フィルターを取り付けました。
オイルはWako’s4CT-Sの10w-50。8.5リットルも入りました。


夏季休暇のお知らせ

平素は弊社に格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、8月11日から8月15日までお休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


GTIに限らずルポの定番修理箇所です。窓がピクリとも動きません。締め切ったところで壊れたのは不幸中の幸いだったでしょうか。
前の柱のワイヤーと後の柱のワイヤーのテンションに差があったので、巻き取りプーリーあたりで絡まったか噛み込んだのでしょう。
前後の柱のワイヤーを切断して窓を下ろします。
内張り内のインシュレーターが早くから生産中止となってしまい、皆さん涙ぐましい努力をされています。


純正新品を取り寄せて交換します。
プーリーやリフター部分にグリスアップをして取り付けます。
窓を上下させて柱やリフターの取り付け位置を調整しながらボルトを締め付けます。
スムーズに動く位置が見つかったら完成です。
この作業でいつも思いますが、もう少し耐久性のあるレギュレーターに改良して欲しいです。


お問い合わせはお気軽にどうぞ/車の購入や買取り、メンテナンスについて、お気軽にお問い合わせください。:お電話の方:052-835-7007/インターネットからはこちら

▲ページの上部へ